【引き寄せの法則】にはコツがあった!願いを最短で引き寄せる方法と私の実体験でわかったこと

【引き寄せの法則】にはコツがあった!願いを最短で引き寄せる方法と私の実体験でわかったことタイトルイメージ画像 スピリチュアル体験談

「自分が思ったことを叶えることができる!」「望んだものが引き寄せられていく」

【引き寄せの法則】といったら、そんなイメージでしょう。

でも「引き寄せがうまくいっている」人と「なかなか引き寄せができない」という人がいるのも事実です。

なぜ、うまくいく人と、うまくいかない人がいるのでしょうか?

じつは【引き寄せの法則】の正しいやり方には願い方のコツがあり、それを実践することで初めて引き寄せが発動するのです。

そこで今回は【引き寄せの法則】の正しいやり方と、願いを叶えるポイントをお伝えしていきます。

【引き寄せの法則】が「願いの丸投げ」になっていませんか?

【引き寄せの法則】は世に広く知られるようになり、その解釈は千差万別です。

ただ「願えば叶う」と勘違いしている状態だと、願いを宇宙や神様に「丸投げ」しているのと同じ、ただのお祈り程度になってしまいます。

「なかなか引き寄せができない」という方は「願って満足」「後はお任せ」状態になっている可能性が高く、それでは【引き寄せの法則】は発動しません。

その理由としては、あなたが「願いを引き寄せるためのアクション」を起こしていないから。

「願いはあるけれども、どうやって引き寄せたら良いのか分からない」という方は、ここからお伝えする方法を実践して【引き寄せ】を現実のものにしていきましょう!

【引き寄せの法則】って一体どんなものなの?

【引き寄せの法則】とは「あなたが願うことを現実のものにしていく」ことです。

願いを思い浮かべると気分が上がり、そのワクワク感が願いを叶えてる上でとても重要と言われていますが…

同時に「どうせ叶わないかも」…と心の片隅で少しでも思っているとしたら、その引き寄せはうまくいきません。

私たちには、日ごろ思考している「顕在意識」と心の奥深い「潜在意識」2つの意識があり、頭でいくら願いを唱えても、ネガティブな本音の部分で足を引っ張っている場合も多々あるのです。

潜在意識で無意識に「願いなんて叶うかな?」「うまくいったら怖いことが起きないかな?」など疑いや不安を抱えていると、それらは全て心のブロックになってしまいます。

無意識にあるネガティブな思い込みを探そう!

なぜ心のブロックが掛かってしまうのかというと、それには様々な理由があります。

例えばお金のことを取りあげると、幼い頃に両親がお金のことで喧嘩する姿をよく見ていたとか「うちにはお金は無いよ」と言われて育った…というような幼少期の背景があるとしましょう。

「お金のことで両親が喧嘩をする」=「お金は人とのトラブルになる」というものが潜在意識に潜んでいるかもしれません。

また「うちにはお金は無いよ」と言われて育ってくると「お金はいつもあるものではない」というように、潜在意識に擦りこまれていってしまうのです。

他にも「お金を稼ぐのは悪いこと」とか「お金があると孤独になる」というお金に対して何かしらの悪いイメージを持っていると、結果お金を引き寄せることはできません。

 

潜在意識のあらゆるブロックは人それぞれで、その人が育ってきた環境や生きてきた背景が幾重にも重なっているものです。

また潜在意識は自分でもなかなか気づけない部分なので、もし引き寄せがうまくいかない人は「心に何かしらのブロックが掛かっていないか?」一旦確認してみると良いでしょう。

もし、心にブロックが掛かっていたら?

自分にあるブロックに気づいたら、それらはどんどん外していくことをお勧めします。

心のブロックを外していくには

  • ネガティブな思い込みに気づく(手放す)
  • 「今あるもの」に目を向けて感謝をする

この2つを、まずは実践してみましょう。

ネガティブな思い込みを手放す

例えば「お金が欲しい」と願うとすると、大抵は「今、お金がたりないからもっと欲しい」というようなニュアンスがほとんどだと思います。

他にも恋愛であれば「一人では寂しいからパートナーが欲しい」、仕事であれば「あの人より劣っている」「もっと資格をとらなければ」…などネガティブな動機の願いはとても多いものです。

このように不足に焦点をあてた状態で【引き寄せ】を試みても、実際には願い通りの現実は手に入りません。

自分が焦点をあて続けた現実を引き寄せるのが【引き寄せの法則】なので、願いの動機はポジティブである必要があるのです。

「あれも無い、これも無い、寂しい、不安…」自分の願いの動機がもしネガティブだったなら、それに気づけただけでも手放せる第一歩になります。

「今あるもの」に目を向けて感謝をする

ネガティブな思い込みを手放すには「無い」ものではなく「あるもの」に目を向けていくようにします。

日ごろ不満をもらしたくなる平凡な毎日や贅沢ができないことは、見方によっては「いま手元にお金があること」「毎日ご飯が食べられること」それだけでも実はとても豊かなことです。

また「家族がいる」ことや「友人がいる」ことも、幸せなことですよね。

こんなふうに「あるもの」に目を向けて、自分の心を「豊かさ」や「幸福感」で満たしていく練習をしてみるのです。

有るものを数え始めるだけでもあなたの気分(波動)は上がっていき、それと同等の嬉しい現実を引き寄せ始めますよ。

では次に【引き寄せの法則】の重要なコツをお伝えするので、ぜひ参考にして一緒に願いを叶えていきましょう。

【引き寄せの法則】のコツを掴んで引き寄せマスターになる方法!

引き寄せの法則のコツは簡単にいえば「すでに願いが叶っているイメージをする」これだけです。

実はこれオリンピック選手やスポーツ界、あらゆる業界で用いられている「自分の望む姿を先取りしてリアルに思い描くイメージトレーニング法」でもあり、もはや常識なんです。

願いが叶ったイメージをするときには

  • 紙に願いが叶ったときの気持ちを書く
  • 理想に近い画像を見る
  • 願いが叶ったときの、空想する

など、よりリアルにイメージできる自分に合った方法で行います。

「すでに願いが叶った」「私は〇〇になった」と声に出しても良いですし、そのときに出る自分の感情を感じることも重要です。

ポジティブな感情はあなたのエネルギー(波動)を上げてくれるので、より願いを引き寄せやすい状態にしてくれます。

願いを叶えるためには、想像力と成りきり力が必要不可欠だということを覚えておきましょう。

私の実体験~リアルなイメージをどんどん膨らませたら起こったこと

私も【引き寄せの法則】を知ったばかりの頃は「お金が欲しい」と願いながら「お金が欲しいと感じている現実」ばかりを引き寄せていました。

潜在意識の根底に「お金が足りない」というものが擦りこまれていたので、いくら「お金が欲しい」と願っても不足感を感じる状態ばかりが続き、満足することができなかったのです。

引き寄せの法則のカラクリがわかるようになり、自分の恵まれている状況に目を向け、今に感謝するようになったら…月収は右肩上がり、他にも色々なものを引き寄せるようになっています。

食料品などは日常茶飯事で、「〇〇が食べたいな」と思うと、誰かから頂いたり、偶然家族が買ってくるなんてことが頻繁に起こるようになりました。

大きいものでは「車」も引き寄せました。

自分の車がほしいと思い始めてから、実験がてら自分で運転している状況をリアルに思い描いていたら…

ほどなくして実家の両親が必要になったと新車を買い、それを私にくれる代わりに「通院の送迎を頼めないか?」という連絡が入り、実質ただであっさりと新車を手に入れてしまったのでした。

意外な展開に自分でも少々驚きながらも、より【引き寄せの法則】を確信できるようになった一件でもあります。

自分の心に抵抗なく強く願っていることは必ず引き寄せられるので、お試しあれです。

まとめ|願いを最短で叶えるための心得

【引き寄せの法則】にはイメージ力が大切なこと、心のブロックを外し遠慮なく願うことがコツとお伝えしました。

願いを最短で叶える心得をまとめると、このようになります。

  • まずは「こうなる」と自分の理想像を決める
  • 願いが叶ったことを感情も味わいながらリアルにイメージする
  • 日常も気分良く過ごすように心がける
  • 閃いたことはすぐに実行する
  • 結果に期待しない

これらが何の抵抗もなく行えたとしたら、あなたはもう引き寄せマスターです!

願いはいつ叶う?まだか、まだか?と結果を期待しすぎると、結局願いは叶いません。

焦ることなく疑うことなく結果に固執することなく「自分に必要なことはベストなタイミングでやってくる」ことを信頼しきれると、願いは最短で叶いますよ。

最後まで読んで下さりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました